クリック単価の計算方法-Google広告・YSS-

クリック単価=入札単価

このように考えている方はいませんか?

もしいましたら、その方はクリック単価がどのようなものか正しく理解できていない可能性があります。

今回は、クリック単価がどのように決定されるのかについて分かりやすく説明していきます。

その前にまず、クリック単価と入札単価の意味を確認しておきましょう。

クリック単価…実際にかかった(支払う)、クリック1回あたりの費用。

入札単価…広告入稿の際に設定する、支払い可能なクリック1回あたりの費用の上限。上限クリック単価とも言う。

クリック単価が決定されるまでの流れ

この図は、クリック単価が決定されるまでの大まかな流れを示したものです。このことからも分かるように、入札単価は、クリック単価が決定される要因の一つにすぎないのです。

クリック単価が決定されるまでには大きく分けて3つのステップがあり、各ステップにはいくつかの計算が含まれるため、順に詳しく説明していきます。

1.広告ランクが計算される

1つ目のステップでは広告ランクというものが計算され、以下の式で表されます。

広告ランク入札単価×品質スコア

品質スコアとは、キーワードとの関係性やランディングページの質、クリック率など、広告全般の品質を評価したものです。

この例からも分かるように、広告ランクを高くするには、入札単価だけでなく品質スコアも上げる必要があるのです。

ではなぜ広告ランクを上げる必要があるのか。次はその理由について説明していきます。

2.掲載順位が決定する

2つ目のステップでは、先ほど算出した広告ランクによって広告の掲載順位が決まります。ここでは広告ランクが高い広告から「1」、「2」と順位が決定され、その順番で広告が表示されます。

このように、広告を検索結果の上部に掲載するためには高い広告ランクを獲得することが必要となってきます。

3.クリック単価が計算される

3つ目のステップでは、いよいよクリック単価が計算されます。

クリック単価を求める計算は少し複雑なもので、以下のようになります。

クリック単価次の順位の広告ランク÷自社の品質スコア

これは、クリック単価が、掲載順位が一つ下の広告よりも上位に広告を掲載するために必要な最低限の費用であることを表します。

少し分かりにくいと思うので、例①②の企業Cを例にとって考えてみましょう。

企業Cは当初入札単価を「100」としていましたが、最終的に支払う費用であるクリック単価は「76」と、入札単価よりも低くなっていることが分かります。

このように、入札単価よりもクリック単価の方が安くなる傾向が強いのですが、必ずしもそうなるとは限らないということに注意が必要になります。

 

まとめ

クリック単価が入札単価とどう違うのか、そしてクリック単価がどのように求められるのかについて分かっていただけたでしょうか。

これまで述べてきた通り、クリック単価は、入札単価や品質スコア、他社の広告ランクなど、様々なものの影響を受けて決定されます。

したがって、あらゆる角度から広告を見つめなおすことが掲載順位の向上、そしてクリック単価の減少につながってくるのです。

このことを念頭において、日々の広告運用に取り組んでいただきたいと思います。