【記事広告の書き方で悩むあなたへ】押さえるべき7つのポイントをご紹介します!

記事の質によってアクセス数が何倍も変わってくる記事広告。

そんな記事広告を作成するにあたって、「文章が書くのが苦手…自分に文才なんてない!」「どうやって書いたらいいのかわからない…」と困っている方も多いのではないでしょうか?

人に伝える文章作りというのは簡単ではなく、私も最初は苦戦しました。

しかし書き方のパターンをおさえれば、どんな人でも書けるようになります。

今回は記事広告の作成のノウハウを私なりにまとめてみたので、悩んでる方はぜひ参考にしてみてください!

1.最初にやること…それは「商品理解」

宣伝したい製品の理解がなければ何をアピールしたらよいのかわからず、記事を作成することはできません。

まずは宣伝したい商品の理解を深めましょう。

  1. その商品自体の理解を深める
  2. 競合分析でその商品の客観的な理解を深める

まずはその誘導したいページをみて

  • その商品は何を売りにしているのか、
  • いくらで販売しているのか、成分は何なのか、
  • どんな特典があるのか
  • ターゲットは何なのか
  • どのように販売促進をしているのか

など宣伝したい商品を主観的に深く理解しましょう。

その次にその理解した情報をもとに競合の商品を探します。

競合の商品を3つほどリストアップしてみてください。

そして、

  • 宣伝したい商品は他の競合商品と比べて何が優れているのか?
  • 独自の特徴はいったい何なのか?

を見つけ出しましょう。見つけ出した独自の特徴や強みを記事に反映させます。

読者は「似ている商品があるなかでどうしてこの商品がいいのか?」が知りたいからです。

2.この記事を届けたいターゲットを決める

宣伝したい商品の理解が深まったところで、次にするべきことは、「この記事をどんな人に届けたいか」を決めることです。

ターゲットを決めないと、記事作成の際に内容を詰め込みすぎてしまったり、主観が強くなったりして、読者が知りたいと思っていることが書いていない記事構成になってしまいます。

したがってきちんとターゲットを決めるというのは必須条件です。

ターゲットを決めるうえでオススメしたいやり方は「ペルソナ設定」というものです。

ペルソナ設定とは…リサーチした情報をもとに、架空の人物を作り上げること

ペルソナ作成イメージ↓↓

このように、氏名 年齢 性別 住所 職業 勤務地 家族構成 年収 趣味 悩み事などを設定します。

そして作り上げた架空の人物が購入したくなるような情報を提供します。

ペルソナ設定をすることで、

  • 読者の立場になって考えることができるので思い込みや主観を防ぐ
  • 欲しい情報、いらない情報をはっきりと選別することができる

ターゲット決めを事前に行うことで、どんな記事にしたらよいかが見えてきますし、必要な情報だけを盛り込んだ記事を作成することができます。必ず行いましょう。

3.いよいよ記事作成!【コレを伝えたい!】まずゴールを設定

商品理解とターゲット決めが終わったらいよいよ記事作成です。

「何を伝えたいのか」というゴールを決め、決めたゴールがぶれないように記事を作成します。

構成はこんな感じ↓

4.記事は「買わない理由」をなくすことを意識

単純に考えて、読者の買わない理由がなくなれば買ってくれるようになります。

買わない理由をなくすために、安心感を与えたり「その商品を手にすることで何の問題が解決するのか?どんな良いことがあるのか?」が想像できれば買ってくれます。

記事を書き上げたら見直してみて「買わない理由」という落とし穴が残っていないかチェックしましょう。

大事なのは主に、

  • 読者が共感できる具体的なエピソード
  • その商品を手に入れることで、生活がどのようにハッピーになるのかが分かるようにすること
  • 安心感を与えること

の3つです。

その商品がどれだけ優れているかを説明しただけでは、一方的な売り込みになってしまいなかなか購入まで結びつけるのは難しいです。

その商品が優れている証明を提示する必要があります。

証明として口コミを掲載したり、〇〇で特集された!芸能人の〇〇も愛用!医学博士も公認!

などの第三者の声も記事に入れるようにしましょう。

客観的な視点を入れることで信頼できる記事であると認識させることが出来ます。

5.タイトルと書き出しは慎重に

記事を読まれるか読まれないかはタイトルと書き出しで8割決まるといわれています。

例えば、△△というダイエットのサプリメントを宣伝したいとします。

そのタイトルが

a.)ダイエットサプリ △△について

b.)1か月で-3キロ!SNSでも話題の「飲むだけで痩せる!?」ダイエットサプリ

だったとしたら、あなたはどちらを読みたいと思いますか?

a.のほうはタイトルが漠然としていて、「自分にとって役立つ情報なのか?」がイメージできません。

b.のように

  • 具体的な数字を入れる
  • 「簡単にできる方法」であることをイメージさせる
  • 難しい言葉ではなく、普段の会話で使うような言葉を使う

ことを意識しましょう。

タイトルが決まったら書き出しも工夫して書く必要があります。

WEBの記事広告では 1行目の役割は2行目を読んでもらうこと

2行目の役割は3行目を読んでもらうこと

3行目の役割は4行目を読んでもらうこと

この繰り返しで最後まで読んでもらうことを目標にすることを意識することが重要です。

言い換えれば書き出しの文章がダメダメだとその記事は全く読んでもらえないことになります。

したがって書き出しも読者の興味関心を引き出すように工夫しましょう。

書き出しの例

共感

「もうどうやっても痩せない…ずっと悩んできました」

読者の意表を突く

「シミやシワはもう治らないと思っていませんか?」

読者の今までの常識が覆させる

「お菓子を食べながらでも痩せる方法があったんです。」

 

6.小見出しはある程度内容の分かる言葉を簡潔に!

流し読みしていても目に留まりやすいのが小見出し。

小見出しを読めばある程度の内容が分かるようにしましょう。

そこで注意すべきなのが、長くなりすぎないこと・難しい言葉を使わないことです。

最低でも1小見出しに1画像は入れましょう。

文章だけの記事は長ったらしく感じ、なかなか読む気が起きません。

画像があったほうが文章の理解も簡単ですし、なにより目に留まりやすいです。

理想としてはスマホで読んだときに「1スクロールに1画像」あることです。最低でも1つの小見出しに1つの画像は入れましょう。

目に留まりやすいので、画像に文字を入れたり、GIF画像などを入れてみると、より効果的に内容を伝えることが出来ます。

7.記事の最後は購入を迷っている読者の背中を押すこと!

記事の最後を「これまでの記事の内容のまとめ」だけで終わらせるのはもったいないです。

そうしてしまうと、購入を迷っている読者が「やっぱり今買うのはやめとこうかな」となってしまう確率が高いです。

人間は選択を迫られると後回しにする傾向があるからです。

記事の最後は「購入を迷っている読者全員に今すぐ買ってもらう!」ことを意識しましょう。

希少性を演出する

人は決断を迫られると結論を先延ばしにしてしまう傾向があります。したがって今すぐ決断してもらう仕掛けを作ることは大事です。

「この商品は人気爆発中でいつ売り切れるかわかりません。」

「キャンペーン終了まで残り○時間!」

プレミアなものを紹介する

「初回限定価格で70%OFF!」

「今だけ購入者に特別プレゼント」

安心感を与える

「面倒な定期縛りなし!」

「満足できなかったら全額返金してくれる保証制度があります」

これらの要素を記事の最後に取り入れることで、購入に迷っている読者を逃すことなく、迅速な購入を促すことができます。

あなたの記事を読んで買ってもらえる確率がぐっと高まるでしょう。

 

まとめ

以上、私が記事広告を書くにあたって行っていること・意識していることを記事にまとめてみました。

記事の書き方はいろいろあると思うので、とにかくたくさん書いて一通り試してみることをおススメします。

誰だって最初はうまく書けません。

はじめは思うように書けなくても落ち込む必要はないと思います。

今回紹介した方法はあくまで1つの例として参考にしてみてください。